プロフィール

たっちゃん

Author:たっちゃん
フライトシミュレーター(FSX)にはまっています。操縦はいまだ初心者。自転車とわんこ、PC、スマホの話題も入ります。

日本の空港シーナリーリスト

 

FSアドオンコレクション 那覇空港

FSアドオンコレクション 新千歳空港

FSアドオンコレクション関西国際空港

PMDG 737 NGX (PC) (輸入版)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

since 2013/2/2

カウンター

空想機長日誌 FSX
フライトシミュレーター(FSX)、自転車、犬(ボステリ、ミニピン)、PCスマホ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REX Essential PLUS with OverDrive
やたーーー!というか、やっちまったー!?

お金もないのに、

REX Essential PLUS for FSX with OverDrive(略してREXと呼ばれています)

を購入していまいました!

あ、初心者にはなんだかわかりませんよね。

これは、雲や気象をメインに、滑走路や海、草などを総合的に

グレードアップしてくれるアドオンソフトです。

あ、初心者にはアドオンの意味もわかりませんでした。

アドオンは早い話が追加って意味です。

アドオンソフト、つまり追加ソフトですね。

先日話した、Scenery もアドオンの一つです。

脱線しました。実は FSX も設定で15分おきのリアルタイム気象を反映させることができます。今の東京の気象とかが再現できて、結構感動しますよね^^雲もなかなか綺麗に表現されています。

が、REX はレベルが違います。

まず感動するのが雲のリアルさ。え、本物じゃ?と思いたくなるくらいリアルです。

雲の広がり方や切れ方、細かさなど凄いです。

雲1

こちらがそのHP
REX Essential PLUS for FSX with OverDrive

ちなみに、海もきれいになります。

海1

ただ今、ダウンロード中。

詳細はまた後日に。
スポンサーサイト
Active sky 2012 SP2
Active sky 2012 の SP2が発売になりましたね。

これは、雲というか、気象をコントロールするソフトで

FSXデフォルトでも15分おきのリアルタイム気象の設定ができますが、

本当にリアルタイムで、しかも雲の表現が段違い。しかも、軽い(らしい)。

Active sky 2012

見てみると雲の表現が全然違いますねぇ。

雲だけでなく、海や滑走路などいろいろバージョンアップされるようです。

個人的には

REX Essential PLUS for FSX

が気になっていたんですが、どういう違いがあるのか・・・。

新しい方がきっといいんでしょうねぇ・・・。


Sceneryの追加について ver.2
今日は無料Sceneryについてです。
ノーマルのFSXでは、景色が物足りないと思ったら、Scenery入門のお時間です。
ただ、悲しいかな、日本国内の有料SceneryはFSXではほとんど発売されていません。需要がないでしょうか?
しかし、ご安心下さい。世界は広い。無料で国内のSceneryを作って下さっている方々が存在するのです。神様の様な存在ですねぇ。
私は羽田空港をホームグラウンド?にやっているので、東京を例に話していきたいと思います。
初期の状態はこの通り。
  
羽田も東京の景色も寂しいです。
作られたのが古いソフトなので、羽田空港の滑走路は足りないし、できたばかりのスカイツリーも当然ありません。あるはずがないのです。
しかーし!今日はそんな東京をタダで!華やかにしちゃいましょう!


Sceneryの構成はわかりやすく説明すると
・地面に写真が貼り付けてある
・地域別に細かく区分けされている
・その上に建物の3Dデータがある
 みたいな感じの構成になっているようです。

やることは、まず地図データをいくつかダウンロードし、
FSXのフォルダに格納して、日本全体、関東、東京、という感じで重ねて配置します。
そしてその上に建物のデータを配置する、
という感じでしょうか。

さて、東京のSceneryといえば、Shigeさんのホームページです。
さっそく、データをダウンロードをしましょう。

Shigeさんのホームページ

ダウンロード手順
①左に「Flight Simulator X 」がありますので、クリック。
②左に地域がいくつか出てきますが、まずは手始めに東京からやりましょう。「TOKYO FSX」をクリック。
  Stokyo1
③右側にある、TOKYO_X.ZIP と TOKYO_PX0.ZIP から TOKYOPX4.ZIP までの全てのファイルをダウンロードして保存してください。
④ついでに、しょぼい羽田空港もグレードアップして現在の羽田にしちゃいましょう。
なんとC滑走路の延長、D滑走路と新国際ターミナルの増設が出来ちゃいます。
  こちらのホームページをクリック→ FSX便利帳
⑤右側に出ている、NEW Japan AFCADシリーズ3Fixed 東京国際空港(RJTT) with Runway D の写真をクリック。
⑥真ん中あたりに、ダウンロード rjtt_fsx_fix.zip というのがあるので、クリックしてダウンロード。

ダウンロードはこれで終了です。
今度は、これをFSXに組み込まないといけません。

Sceneryファイルのインストール手順(例:windows7 64bit版)
①まずは、ダウンロードしたファイルを解凍してください(ファイルをダブルクリックではなく、右クリックして解凍(展開)してください)。
②マイコンピューターをダブルクリック → ローカルディスク(C:)をダブルクリック → Program Files(x86) → Microsft Games → Microsoft Flight Simulator X → Addon Sceneryをダブルクリック
③Addon Scenery の中に解凍したTokyo_X 関連と、解凍した羽田空港のAddon Scenery内にあるAJ_FSX_RJTTを開いたフォルダに入れます(コピペ)
④FSXを起動します。
⑤設定 をクリック
 設定画面1 
⑥シーナリーライブラリーをクリック
⑦エリアの追加をクリック
  設定画面2
⑧Microsoft Flight Similator X の Addon Scenery フォルダをダブルクリック
⑨TOKYO_Xを選択(ダブルクリックはしない)して、下側のScenery area title に
 TOKYO_Xが入っているか確認
  設定画面3
⑩OK
⑪Available scnery areas にTOKYO_X が入っているか確認。
⑫同じようにして、TOKYO_PX0 ~ PX4 までとAJ_FSX_RJTTを入れる。

なお、AJ_FSX_RJTTが一番下で、その上にTOKYO_PX0 ~ PZ4、その上にTOKYO_X となるように配置してください。
これで羽田空港と東京の町が激変したはずです。
早速、羽田空港からフリーフライトで確認してみましょう。スカイツリーも出来ています!感動しますよ!
さぁ、フライトを楽しみましょう!!

フライト20130325
Sceneryの追加について
前回、FSXは例えば、ANAやJALの機長気分を味わうには良いソフトだと書きました。
相変わらず初心者の話題ですみません。
FSXは買ってインストールしただけの時点では、特に日本は寂しい景色となっています。
それでもはじめは感動しますけどね(^^)
ソフトに入っているミッションをやることで、飛行機の操縦がちょっとわかってくると、なんだか風景などの見た目が寂しくなってくるんですよね。
で、ここからがFSXの凄いところで、アドオンと呼ばれるオプションソフトを追加してやると、これが激変するのです。
アドオンには有料と無料がありますが、
簡単なのは、日本国内で発売されている有料のアドオンを入れる事です。
インストールプログラムが組まれているので、簡単に追加できます。
オーバーランドから出ている世界のエアラインは有名で、各国のエアライン塗装された機体が登場するようになって感動します(笑)

大空にこだわろう!世界のエアライン ボーイング エディション [ダウンロード]

新品価格
¥2,838から
(2013/3/15 11:12時点)


大空にこだわろう!世界のエアライン

価格:5,820円
(2013/3/23 12:32時点)
感想(1件)


大空にこだわろう!世界のエアライン

中古価格
¥4,694から
(2013/3/15 11:08時点)



一番最近では、テクノブレインから羽田空港が出ましたが、かなりパワーのあるPCを必要とするので、微妙なところですが、
とりあえず、このあたりからその凄さを体験して、アドオンの世界に入るのがオススメです。
無料となると少しばかり知識が必要となってきます。ちょっと長くなって来たので、次回ご紹介します。
衛星画像
政府は2014年度中にJAXAや経済産業省などの各機関が持つ人工衛星の画像情報を1つの
データーベースにして公開すると発表しました。

企業や市民が簡単に購入できる仕組みを作るということで、
これってFSXにも効果あるのかなーと気持ち、期待しております。

まぁ、Googleの写真を使うことが多いのでしょうが、
これを機会に、新たにScerery作成の企業が出てくるといいなーと思います。

てゆーか、新千歳空港とか誰か作ってほしいですねぇ。
需要はあると思うんですが、テクノブレインの羽田とかを見てると
やはり大変なんでしょうね・・・。

【エントリーでP10倍!3/16 am9:59迄!】 テクノブレイン FSアドオンコレクション 東京国際空港 XTBFS-7601

価格:6,132円
(2013/3/14 12:31時点)



FlightSimulator
FlightSimulator、と言っても実は大きく分けて
二通りのリアリズムがある、と個人的に勝手に思っています。
1つは航空力学にのっとった挙動のリアリズム。
まぁ、どちらかというとフライトシミュレーターはこちらの方が本来の目的のような気もします。
もう1つは見た目のリアリズム。
例えば、空港や風景や機体のロゴとかでしょうか。
前者にはX-plane10というソフトがあり、まさに航空力学にのっとったシミュレーションになっています。昨年出たばかり?のバージョンなのでかなり良くなったものの、見た目のリアリズムはそこまで開発されていないのが、現状。

フライトシミュレータ X プレイン 10 日本語版


一方、見た目のリアリズムと言えば、FSXがその代表でしょう。

フライト シミュレータ X ゴールドエディション


こちらは開発が中止された古ーいソフトなので、初期状態ではあまり大したことはありませんが、アドオンソフト(早い話がオプションですな)は現在も開発され続け、その豊富さには目を見張ります。そしてそれらを適用した時にはまるで実物かと驚かされます。
ただし、こちらは逆に航空力学的なリアリズムは少し違うようです。まー、私のような初心者には違いがわかりませんが(笑)
私の場合は、気分を味わいたいので、どちらかというと見た目重視ですねぇ。
もちろん、本当のパイロットと同じように操作をしたり飛ばしてみたいわけですが、
単に飛ばすだけではなく、ANAなどのロゴやカラーが欲しかったり、景色やATCと言った付加的な物にも惹かれます。
空港に色んなエアラインの機体が駐機してたら、しかも実際の空港通りに並んでいようものなら、感動ものです(笑)
パイロットになった気分。最高ですな!
FSXではある程度無料で実現出来るのが、素晴らしいですね。
その辺については、後日書いてみたいと思います。
新空港

本日、新しい空港がオープンです。あ、これは実話です(笑)

新石垣空港

久々の新空港ですかねー。

石垣は綺麗だから、誰か作って欲しいですねぇ。。って他力本願。

やってみたいけど、FSX自体やる時間がほとんどないのに、作成なんて無理です…。

いやぁ、いいですねー。現実でもFSXでも是非、行きたいですね!
立山アルペンヒルクライム6月開催(限定200名!?)
なんと、あの立山黒部アルペンルートで自転車のヒルクライムレースが開催されるらしい。

参加はたったの200名限定。

少ないよー。てか、かなりきつそうですねぇ。

cyclowiredの写真を見る限りはとっても景色が良くて、綺麗。
まー楽しんでる余裕はないだろうけど・・・。
cyclowired.jp

ロングコース(距離22.3km、標高差1,473m、平均勾配6.6%)と
ネイチャーライドコース(距離7.6km、標高差520m、平均勾配6.8%)
各100名限定だそうです。

立山アルペンヒルクライム公式HP




楽天!
3月3日からスーパーセールが実施されるらしいですが、
その前に、これを見つけました。



8,000ポイントって8,000円ってことでしょ!?
これ大きいですよねぇ。

うちは楽天ユーザーにも関わらす、楽天カードを作っていなかったんですが、
年会費は無料らしいし、ポイントも2倍。
しかも8,000円もポイントつくんじゃ・・・何買おうかな!?

最近、気になっている、スイッチパネル。
これつけるとまた気分が盛り上がりますよねー。実質2,000円で買えるんだったら・・・!?



為替相場とFSX
 安陪政権発足から、円安がどんどん進んでおります。

 日本経済としてはいいのでしょうが、日本のFSXプレイヤーとしては

 いささか深刻な問題です。

 「はぁ?」

 と言う声が一部から聞こえてきそうです。

 為替なんて関係ないじゃん。

 それが、結構深刻なんですよね。

 それは海外の有料機体やSceneryを購入するとき。

 そう、同じソフトでも、円安になるということは、値上がりと一緒なわけですよ、あなた!

 実際、初心者な私はまだまだ、海外の有料ソフトに手がついてないのです。

 Ultimate Traffic2 や REX Essential OverDrive や EZdok Camera など

 ほしいけど財布と相談しながらフライトしている人にとっては深刻。

 イタリアの選挙騒動で一瞬、円高になったものの、すぐに一服してまた円安になりそうです。

 ここいらで、ほしいソフトはまとめて購入する必要があるかもしれません。

 でも、ダウンロードするにも、サイズが半端ないので、時間はかかるし、なかなか手がつけれません。。。
皆さん、どうされてるんでしょうねぇ?

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

為替(ブログ読込み時)

  


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。