プロフィール

たっちゃん

Author:たっちゃん
フライトシミュレーター(FSX)にはまっています。操縦はいまだ初心者。自転車とわんこ、PC、スマホの話題も入ります。

日本の空港シーナリーリスト

 

FSアドオンコレクション 那覇空港

FSアドオンコレクション 新千歳空港

FSアドオンコレクション関西国際空港

PMDG 737 NGX (PC) (輸入版)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

since 2013/2/2

カウンター

空想機長日誌 FSX
フライトシミュレーター(FSX)、自転車、犬(ボステリ、ミニピン)、PCスマホ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪国際空港アドオン
テクノブレインが羽田に続き、FSX向け第2段として、大阪国際空港(通称:伊丹空港)を7/26に発売するそうです。

さらに、9月上旬には、八尾空港&大阪市街のSceneryを発売するとのこと。

tekunooosaka
空港は羽田みたいな感じかもしれませんが、

市街地のSceneryはどんなものなのか気になるところです。

テクノブレイン 大阪国際空港特設サイト

ってゆーか、新千歳とかほしいなぁ。


スポンサーサイト
AI Smooth
WOAI を大量に導入すると、華やかでいいんですが、

若干困った事もあります。

トラフィック量を増やすと、離着陸がうまく行かず

AI機がやたらとゴーアラウンドを繰り返したり

前機を追い越して着陸したりします(笑)

フリーでAI Smoothというソフトがあり

この問題を解決してくれるので、

困っている人は入れるとよさそうです。

ちなみに、私はWOAIのあまりの多さに

耐え兼ね、あるソフトをポチリしちゃいました。

また後日に書きますね。
テクノブレイン747リアルオペレーション
さてさて、ようやく

インストールしまして、やってみました。

例のごとく、ストーリーがあって、小分けのステージになっています。
最初から最後までの通しはないようで残念。

始まりは5分前のグランド準備完了からなんですが、エンジンスタートの部分はありません。

タキシー、離陸、着陸、タキシー~エンジンカットの各ステージにわかれています。

操作やATC、機内アナウンスはなかなかリアルで、子パイがいるのもいい感じ。チェックリストも読みあげてくれます。

センターラインに沿ったタキシングがうまく出来ず、ステージクリアならず…。

右に曲がるタイミングがよぅわからんのや!先に進めまへんがな!!

タキシングが下手なようでつまづいています…。
REX Auto Updater
気象ソフトのREXから、Auto Updaterなるものがリリースされるとのアナウンスがありました。
どうやら、自動でアップデートしてくれるフリーソフトのようです。
で、いつ出るんでしょうね…?
dtab ケースとmicroSD
格安で購入したdtab の 格安なカバーが届き、使用してみました。

【高品質アンチグレア液晶保護フィルム1枚 タッチペン1本付】docomo huawei dtab tablet スマートカバースタンド機能付き 高品質ケース タッチペン1本高品質液晶保護フィルム付 (ブラック)

新品価格
¥1,790から
(2013/5/17 08:47時点)



実際につけてみた状態。

fc2_2013-06-10_08-33-30-942.jpg

ぽいっと中に入れるだけの簡単なカバーですが、この価格なら十分でしょう。
ただ、dtabを固定する中の蓋が、折り込むだけのものなので、dtab本体の重さで若干ずれが
生じます。100円均一でマジックテープ等買って来てつければ解決できると思います。

付属のスタイラスペンとイヤフォンジャックカバー、充電カバー。

fc2_2013-06-10_08-34-31-005.jpg

カバーは両方とも差し込むタイプで、一度差し込むと抜くのが面倒。
イヤフォンは使うことはないので、カバーをつけていますが、
充電カバーはつけないことにしました。
スタイラスペンは普通に使えますが、正直、出番なし。。。

追記:アンチグレア液晶フィルムですが、まず、液晶を拭くウエスは入っていません。
   すでにdtabを使用している場合は、別途ウエスが必要です。スマホ用のが残っていたので
   良かったですが、結構拭くのが大変でした。
   また、ぺラッと1枚入っているだけですので、頑張って手であわせて貼るしかない。
   ガイドラインみたいなものはなく、てこずりました。

さて、同時に購入したサムスンのSDカード。
差し込むだけで認識してくれました。ちなみにSDカードアダプターはついていませんので、
PC等、他の機器に使用する場合は、SDカードサイズにする必要があり、別途アダプターが
必要となります。ま、ほとんど使う機会はないですが。
この容量、スピードでこの値段、最高ですね。

サムスン Samsung microSDHC 32GB PLUS 超高速48MB/s UHS-I Class10 並行輸入品

新品価格
¥2,680から
(2013/5/17 08:43時点)



よい買い物でした!!!
747リアルオペレーション 体験版プレイ動画
テクノブレインの747リアルオペレーション体験版のプレイ動画が

ありました。テクノブレインスタッフによる動画です。

コパイやキャビンアテンダントのアナウンスもあって

初心者にはいいですね。


747リアルオペレーション(体験版)
昨日投稿したはずが、記事が保存されておらず、再アップ。

さて、5/30に届いたリアルオペレーションですが、

まだインストールすらしていません…。

忙しくて、パソコンを開く余力がありません…。

テクノブレインから体験版がアップされましたので、

こちらでお試しください。

747リアルオペレーション

後日、改めて記事にしたいと思っています。
World of AI 導入(windows7 64bit例)
World of AI (以外略してWOAI)の導入ですが

簡単な流れを書くと

・インストーラーをダウンロード
・欲しいエアラインをダウンロード
・インストーラーを使ってインストール

これだけです。
これでAI機が出現します。
ただし、これだけだと後で色々困ったことが出てきます。
例えば、デフォルトのAI機が出てこなくなったり、
機体が多いため、ファイルを書き換えたりする時にごっちゃになって訳わからなくなったり、削除したいときも大変です。そこで、改良します。

・WOAIは何百ものエアラインがあるので、
混乱しないよう、新規にフォルダを作って
専用のダウンロード先を確保します。
・インストーラーをダウンロード
・欲しいエアラインをダウンロード
・FSX内にも新しくフォルダを作成。
・インストーラーを使ってインストール
・フライトプランを変換

こんな感じです。


①まず、ダウンロード先のフォルダを新規に作成します。その後、作成したフォルダにWOAIのインストーラーをダウンロードしましょう。
リンク→World of AI
Installer→pakage page→World of AI Installer
(AVISIMかFlightSimの会員になる必要があります。無料だし他にもScenery等色々あるので、登録しておきましょう)

②次に入れたいエアラインを全てダウンロードします。これも作成したフォルダに保存。
AirportsからICAO code(空港のコード:羽田ならRJTT)を入れてSearchするとその空港のエアラインが箇条書きで出てきます。
クリックするとAll pakageのページに飛ぶので、自分で探します(笑)これが時間かかる…。初めはANAとJALだけで試す事をオススメします。

③ダウンロードしたファイルを解凍します。

④FSXのフォルダを開きます。
C:¥Program Files(×86)¥Microsoft games¥Flight Simulator X¥SimObjects
ここに例えば WOAI 等分かりやすい名前でフォルダを作成。

⑤FSXのシステムファイルに手を加えます。
C:Users:¥○○¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥FSX
ちなみにAppdataファイルは隠しファイルなのでご注意を。
ファイル名は fsx.CFG です。
書き換える前にどこか別の場所にバックアップ(コピー)をとっておきます。

fsx.CFGを開き(notepadでいいです)、下記の記述を探します。

SimObjectPaths.0=SimObjects\Airplanes
SimObjectPaths.1=SimObjects\Rotorcraft
SimObjectPaths.2=SimObjects\GroundVehicles
SimObjectPaths.3=SimObjects\Boats
SimObjectPaths.4=SimObjects\Animals
SimObjectPaths.5=SimObjects\Misc

見つけたら、この下に下記の記述を書き加えます。

SimObjectPaths.6=SimObjects\WOAI
(WOAIの部分は自分で作成したフォルダ名)
保存します。
これで先程作成したフォルダ(例ではWOAI)がFSXで認識されるようになります。

⑥World of AIインストーラーを右クリックし、管理者権限で起動します。
起動したら、 next → Target を Flight Simulator X にする。

⑦FSX Subfloder が SimObject\Airplane になっているので、
 自分で作成したフォルダ(例では SimObject\WOAI )に変更する。

⑧Select WOAI Package to install の右側にあるボタン[...]をクリックし、
 ダウンロードしたエアラインのZipファイルを選択する。インストールしたいエアラインを全て選ぶと1回ですみます。

⑨ next → 内容を読んで同意なら I Agree にチェックをいれて next

⑩ Install をクリックして、終了。

⑪ なお、他にも入れたいエアラインがある場合は、Restart をクリックして
 インストールしたいエアラインを繰り返し行います。

とりあえず、これでFSXを起動するとAI機が出てきます。

ただし、このままだと小型機等のデフォルトAI機が出てこなくなります。
それでも良ければこれで終了です!


小型機等のAIも出したい場合

WOAIのフライトプランはFS2004用に
作られています。既存のFSXのフライトプランと共存出来ず、FS2004のフライトプランが優先されて、FSXのフライトプランは無視されます。という訳でWOAIのフライトプランをFSX用に変換します。

⑫まず、トラフィックファイルをバックアップしておきます。
 C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Microsoft Flight Simulator X\Scenery\World\Scenery
ここに、WOA が入っている .bgl のファイルがあります。これがWOAIのフライトプランです。

FlightSim.comからAI Flight Plannner というソフトをダウンロードします。
 解凍しておきます。

⑭AIFP2.exeを起動。
Files → Convert FS9 Traffic Files to FSX
をクリック。
Traffic Files Conversion という画面になります。

⑮下側の Add"_FSX" suffix to FSX Traffic Files と
  Delete FS9 files after conversion にチェックを入れます。

⑯Select Fs9 traffic files/folders to convert から変換するフォルダを指定します。
 (バックアップでとったファイルを変換しないように注意してください)
  Use selected/checked をクリック。

⑰変換されたら完了です。

⑱Files → Find FS9 Traffic Files で Not traffic found (バックアップ除く)になれば終了です!!

FSXを起動して、空港に行ってみましょう。AI機が出てきます!!!!

羽田WOAI1


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

為替(ブログ読込み時)

  


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。