プロフィール

たっちゃん

Author:たっちゃん
フライトシミュレーター(FSX)にはまっています。操縦はいまだ初心者。自転車とわんこ、PC、スマホの話題も入ります。

日本の空港シーナリーリスト

 

FSアドオンコレクション 那覇空港

FSアドオンコレクション 新千歳空港

FSアドオンコレクション関西国際空港

PMDG 737 NGX (PC) (輸入版)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

since 2013/2/2

カウンター

空想機長日誌 FSX
フライトシミュレーター(FSX)、自転車、犬(ボステリ、ミニピン)、PCスマホ
成田空港 第3ターミナル
成田空港は来年4月8日から、

LCC用の第3ターミナルを共用開始するそうですね。

成田はWCIが無料アップデートを公言していましたので、楽しみです。
スポンサーサイト
DRZEWIECKI DESIGN 30% オフ
NewYork City X などで有名なDRZEWIECKI DESIGN が

ハロウィンセールで30%オフをやっていますね。

ここのシーナリーも綺麗で好きです。

下の動画はEETN TALLINN X です。



 11/3には UUEE MOSCOW SHEREMETYEVO Xが発売になります。


 
ATC
ちょいっとみなさんに、お伺いしたいんですが、

ATCってどうされてるんでしょうか?

FSXのATCって、Naviglaphと違う誘導をされます。

せっかく作ったフライトプランと違う誘導されちゃうので、

これを一致させたいんですよねぇ。

VATSIM等は、ちょっと敷居が高いので、

別の方法でなんとかしたいんですが、

FSXのATCっていじれるんですかね?

何かソフト等入れてやられてるんでしょうか?

PRO-ATC/Xとか??

お薦め等あったら、ぜひ教えてください。

ちなみにVoxATCってどうなんでしょう?

自分のFSXは日本語版SP2、OSはWindows7 Home 64bitです。。
 

 
硫黄島航空基地(RJAW )forFSX

浜松を中心に製作されている、たじりんさんの FLY RUN で、

暫定版の硫黄島空港基地(RJAW)が公開されました。

現在、製作中にも関わらず、公開されたことに感謝です。

画像はHPより
iwo011

iwo041

iwo021

ちなみに自分は、浜松のシーナリーを使わせていただいてます。

hamamatsu station

 
REX4 35%オフ

SIMPLANETでREX4がなんと35%オフです。

REX4はActive Sky Nextでも使えるので

お薦めです。

雲の表現がグッと上がります。



 
Professional Flight Planner X
pfpxpk

PFPXはその名のとおり、フライトプランを作成するソフトなんですが、これが凄いんです。

世界中の実在するフライトコースを網羅しており、空港を指定するだけで、

エアラインと同じフライトプランを作ることが出来ます。

代替空港も簡単に出てくるし、何よりリアルタイムの気象を反映して

ブリーフィングリストを作ってくれるんです。

更に作ったフライトプランは、FSXやPMDGといったアドオンのFMCに読み込むことが出来ます。

simMarketで41.97ユーロ、5,700円くらいです。

実際のオペレーションがこちら。

まずは初期画面。
フライトコースがたくさん表示されています。

pfpx2

Flightのnewをクリックします。
airlineやflightnumberは好きなものを入れる。適当でOK.
fromに出発の空港を、toに目的地の空港を入れます。
コードがわからない場合は右側の地図から選択出来ます。

pfpx4

aircraftをクリックします。
newをクリックすると、色んな航空機が出てくるので
使用したい機体を選びます。
今回はPMDG737を選びました。
画面上のペイロードや燃料はお好みで選択。

pfpx5

上のRouteの中にUpper space と Rower space があるのでこれもお好みで。
高高度か低高度なのか、ということですね。
面倒ならQuick Findをクリックすれば自動で選択されます。

pfpx6

クリックすると、このようにルートが表示されます。

pfpx7


ちなみに、こんな風にルートを一覧で出したり、編集することも可能です。

pfpx8

ボタンの下にある Find Destination Altemates をクリック。
すると左下に緊急時の代替空港の一覧がでます。

pfpx9

Compute Flight をクリック。
このような画面になれば、フライトプランの作成は終わり。
pfpx10

Details、Flight Plan、ATC、Weatherなどのタブをクリックすれば、
それぞれの明細を見ることができます。もちろん、印刷もできます。
pfpx11

これはWeather画面。
で、Release Flightをクリックすれば、確定です。
pfpx12

最後に上にある、Route のExportをクリックします。
pfpx13

使いたいアドオンにチェックを入れておくと、そのフォルダにフライトプランが格納され、
FSXやPMDGといったソフトに読み込むことが可能になります。
pfpx14

たったこれだけで、エアラインと同じルートが飛べちゃうんです。
FMCで一生懸命ルートを打ってたのはなんだったんだろうって感じです。

ちなみに、Weatherは、PFPX、ASN、REXなど、どこから気象をもってくるか、
あるいは自分で気象条件を入れる、など色々選べます。
pfpx15

これは、とってもお薦めなので、ご紹介させていただきました^^

 simmarket logo

注意としては、PFPXとアドオンは、navigraphで、統一したものにしておいた方が良いです。PMDGなどは古いものが入っているので、PFPXのルートだとエラーになることがあります。
 

台風フライト
復活記念のフライトだったわけですが、

いきなりの台風。

このとき、台風はまだ九州手前の時です。

導入したActiveSkyNextでみてみると



日本全国をおおう巨大な台風です。。

おお?左下に台風の目がありますよ!?

た、楽しい!(笑)

羽田から出発して、那覇に向かいます。

富士あたりでも、すでに風が強くあおられます。



台風の中心あたりでは何も見えません!

taifuu

オートパイロットを切った瞬間に

ゴォーーーッというすごい横風にあおられ

滑走路からズレて着陸・・・。

こりゃ、欠航になるわな・・・

最後はとても見せられません。。というフライトになりました(涙)
 
 
アドオンさらに追加。
さて、今回FTX Vectorは見送ってBaseだけにしたんですが、

以前、レポートした ESC SCENERIES - ROAD VECTOR JAPAN 2012X

を入れたところ、劇的な変化がありました。

saitama

デフォルトでは、あまり変わり映えのしないこのソフトでしたが、

FTX Global Base と組み合わせると違いがよくわかります。

1,200円程度だったので、意外と良かったですね。


もうひとつ、実は入れたソフトがありまして・・・

Proffesional Flight Plannner X というソフト。

simmarket で、42ユーロ、だいたい5,700円くらいなんですが

これがすごい。

何が凄いかって、実在のエアラインのフライトルートが世界中で網羅されていて、

こっからここまでって、空港を指定するだけで、自動でルートをはじき出してくれるんです。

REXやASN等の気象ソフトとも連携してリアルタイムの気象も反映。

pfpx2

使用する機体を選び、代替空港も自動ではじき出され、しかも!!!!

作ったフライトプランは、FSX自体やPMDGといったアドオンソフトに反映できちゃうんですよ。

pfpx1

このようにちょいって出されたフライトプランをFSXとPMDGのFMCで読み込めば、

面倒な設定は一切なし。

うわーーーー、超!便利です。

これは、買って損はしませんよ!!

  
復活!
ようやく仕事も落着き、

連休にはいったので、怒号のインストールを決行しました。

とりあえず、ソフトを片っ端から入れ、

SSDの容量も増えた記念に、前から欲しかった

FTX GLOBAL BASE と Active Sky Next も

入れちゃいました。

で、記念すべきフライトは・・・

taifuu

台風の中を飛んでみましたが、当然のことながら

何も見えないという、おバカな1枚となりました(笑)

台風の中をまっすぐ飛ぶのってむずかしーい!

 
aerosim HP久々の更新

 2月から全く動きのなかった aerosim ですが、

 久々に更新がありました。

 進入管制フライト for FSX 西日本 が発売になりました。

APAD_west_cover

 今のところ、CD-R版のみで、Vector でのダウンロード版は後日のようです。

 進入管制のアドベンチャーで、日本人のATCやコクピット内のチェックリスト読み上げなど、

 進入管制の雰囲気を楽しむにはいいですかねぇ。

 個人的には、全部英語だけど、実際のATCに近い運用ができる

 PRO-ATC-Xの方がほしいですね。

 proatcxlogo

Vistlizator
ようやく、PCが復活し、FSXなどをインストしました。

で、実は今回、PCが固まった理由が Vistalizator というソフト。

これは、Windows7などで、日本語環境を外国語環境に変える、

あるいは、海外OSを日本語化するソフト。

うちのは日本語Windowsなんで、

FS2CREWの英語音声認識をさせるのに

言語パック(英語)をインストしないといけなかったのですが、

Windows7のHomeでは、インストできないことが判明。

ProやUltimateにアップグレードしないと出来ないらしいんです。

いやいや、と、探して見つけたのが、Vistalizator で

このソフトならHomeでも英語環境にできるらしい。

というわけで、さっそくインストールし、英語パックもダウンロードして

適用して再起動したら、画面が真っ黒。。。。

ネットで調べたら、同様の方がたくさんいて、復元するしかないらしいんです。

が、自分は復元ポイントを作る設定になかったために玉砕。

やむを得ず、OSを新規インストールする羽目になりました。

今回は、ちゃんと復元ポイントを作成したうえで、もう一回やってみましたが、

やはり、画面が真っ黒になります。

どうやら、使えないらしい・・・。

が、FS2CREWの音声認識は英語じゃないとだめだし・・・・

と、思って、音声認識のプロパティをみたら、なんと英語があーるじゃありませんか。

onsei

OSを英語環境に変更しなくても、Vistalizatorで英語パックをインストールすれば

音声認識が出来るみたいです。

なーーーんだよ!!(怒)

というわけで、英語認識可能になりました。

これで、FS2CREWを音声で使える環境になったはず…

追記:
Vistalizatorですが、やはり、日本語環境では

英語の音声認識が作動しませんでした。

で、試行錯誤した結果、

システムロケール等を英語に変更した後、

Vistalizatorを起動したら、うまく再起動が出来て

英語環境に変更することができました!

で、英語の音声認識もバッチリ!

Vistalizatorを導入する方は、再起動する前に、システムロケールを

英語にするのをお忘れなく!
(忘れるとwindowsが起動しなくなり、復元する以外復活できなくなります)
 

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

為替(ブログ読込み時)

  


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる